ベストケンコーの魅了の一端は個人輸入代行

ベストケンコーというショップ名を聞いても、健康食品か何かを販売する企業ではないかという印象を持つかも知れません。
この会社は医薬品の個人輸入代行業をしている企業であり、世界中で発売されている大半の薬を網羅しています。
そこが、当該の業者が支持される要因の一つかも知れません。
それでは何故海外の医薬品を購入して使用しないのかないのかというと、正確に言えば購入しようとしても英語という言葉の壁があり、事実上医療機関を通してしか購入するには躊躇してしまうというシステムになっているからです。
日本で薬剤を開発したり、海外で一般に販売されている医薬品を医療機関等で販売しようとするには治験という段階を踏み、そして厚生労働省の認可が下りなければ販売する事は許されないのです。
治験は薬の効果を期待する人や、健康な人等に対して、投薬を行いどの程度の薬の効果があるのか、あるいはどの様な副作用が発生するのか等のデーターを取る事が必要になります。
その後には薬剤等の法律の管轄を行う厚生労働省に、医薬品メーカーが開発した医薬品のデータ資料や厚生労働省に提出しても、承認されるにはかなりの時間を要します。
もしかしたら国側は精一杯努力を惜しまず、新しく効率の良い体制に乗り出そうとしているのかも知れませんが、病に苦しんでいる人にとっては、その様な悠長な事は言っていられません。
そこで、医薬品の個人輸入代行業者であるベストケンコーであれば、日本の薬事法に則った形で、海外から医薬品を入手出来るという訳です。
それは個人レベルで医薬品を輸入して、他人に譲渡する事無く自分だけで使用するなら、法的には何の問題はありません。
実際の取り引きを行うには海外の国々なので、世界共通語と言われる英語で行う可能性が高くなります。
ですから、トラブルが生じた際に英語でやりとり出来るレベルの英語力があれば問題ないでしょうが、そうでなければ業者に任せた方が賢明です。
その業者とは、医薬品の個人輸入代行業者であるベストケンコーの事です。
インターネットを利用すれば365日24時間何時でも都合の良い時間に、WEBサイトにアクセスして必要とする医薬品を選択しカートに入れ、クレジットカード1枚で決済が可能となります。
また、ベストケンコーにて買い物をする場合商品は全て正規品でありながら処方箋を必要としませんし、送料・無料・消費税等は全て無料なのです。
一例を挙げれば、ダイエット食品のカテゴリーで第1位に輝いた最も人気のある薬が、5400円弱程度で入手出来ます。
第2位は、第1位で示した医薬品と同成分のジェネリック医薬品で、現在では最安値が6500円強程度です。
第3位は、先に挙げた薬のジェネリック医薬品で、現在では1400円弱です。
他の例も見てみると、美容・スキンケアに関する薬も販売している事が判ります。
売れ筋ランキングの第1位に入ったのは、ビマトプロストという眼圧を下げたり、緑内障の治療にも使用される成分が入っており、まつ毛の育毛剤としても利用出来る薬です。
ランキング2位には、こちらもビマトプロストという成分が入りながらも、第1位の医薬品のジェネリック版に該当する商品です。
3位にランキングされたのはシミの治療薬で、様々なシミ予防に効果があります。
その他にも、メンタルヘルスの為の医薬品や高血圧の薬、あるいはホルモン剤・花粉症の為の薬等が、豊富に揃っているのです。
付け加えるのであれば、1930年代からあるトラディショナルな天然サプリメント等も、用意されているので、都合の良い時にでも当該の業者のWEBサイトを覗いてみると良いかも知れません。